感想ログ 第41話〜第45話



第45話
 更新遅れ気味で申し訳ない。
録画で観てるのでクイズは思いっきり逃しましたよ。うわん

・アバンタイトル
 ついに最終章へ突入…と言う訳でこれまでのダイジェストが
…と、見せかけて先の映像も混じってるー!?
4ライダー併走同時変身、黒いアルビローチ軍団、ギラファに銃弾を叩きこむダディ
などが見どころでしょうか?

・ケルベロス覚醒
 五枚目のAカードから誕生した、本来ならばありえない筈の54体目のアンデッド
トライアルやティターンは、全てコレを誕生させるために実験に過ぎなかった訳ですね。

・フュージョンエレファント譲渡
 ついに!ついに睦月の手にカテゴリーJが!
ただ上級カードはアブソーバーが無いと、ラウザーのエネルギーチャージ以外にロクな使い道が無いんですよね
烏丸所長が速達で送ってくれればいいのに…

・給料差止め
「ごくろうさま。仮面ライダー諸君。そして…さようなら」
そうきたか天王路…地味ながらなんて効果的な
つか、今まで律儀にライダーに給料払ってたんですね。
組織が壊滅してるのに給料が振り込まれていた事実に
何の疑問も抱かないダディと剣崎はある意味凄いな。
 通帳を見ると国民年金でキッチリ13300円惹かれてるのが判る。
…ボードって厚生年金じゃ無いのか!

・睦月と始
「いらっしゃい」
「相川さん…」
ってやり取りが妙に新鮮だ。
 出会った上級がみんな言い人ばかりだったので
睦月がアンデッドとの共存を望むのも自然な事かなと

・ケルベロスの力
 アンデッドを封印吸収する能力を持つケルベロス
この力の前にはカリスもジョーカーに戻るしかない訳か
スピリットを奪われたら相川始の姿にも戻れないし
この能力はアンデッドとライダーを倒すのに非常に有効ですね

・ジョーカー再び
「俺は…相川始だ!!」
かつて剣崎が始に言った
「お前は相川始だろ?」って台詞と連動してて…なんか良いなぁ。

・ギラファと睦月
 「俺は最近、封印したアンデッド達の声が聞えてくるんです。
 アンデッドもジョーカも封印される事が無ければ、もう何も起こらないって」
逆に言えば最後のアンデッドが確定すれば、
一万年前と同じく霊長類を確定させる何かが起こる…と言う事ですよね?
 「仲間のクワガタ虫達と暮らせっていうのかい?」
冷静に考えると、ギラファのこの主張は最もな話で
クワガタ虫が人間にペットとして飼われている現状を考えると
人間とクワガタの共存など考えられないのでしょうね。

・ジョーカー置き去り
「気を付けて!…てか、追いてっちゃうの?」
ウケた(笑)

・睦月の戦い方
 エレファントをリモートし、共に戦うのが睦月のカテゴリージャックの使い方という訳ですか…
 リモートの力で操っているって言うのもあるんでしょうが…
エレファント自身も、この無意味な戦いに嫌気がさしてるのかもしれないですね。

・天王路…壮大なネタバレ
 剣崎達には黙っていたほうが計画もスムーズに言ったかもしれないのに…

ブレイド VS ケルベロス
 ジョーカー化のリスクはあるものの、ここでキングフォームを発動するのは最良な選択かもしれません。
どうも剣崎と融合したスペードスートのアンデッド達を吸収する事は無理みたいですし
 RSFが初めて破られたものの、再発動で勝利
再発同時に全てのアンデッドレリーフが輝いてた所を見ると
より強力にRSFが進化したと考えるのが妥当か


と、言ったところで、次回へ


第44話
 今週も井上脚本です。
まあ、ライダーは2話づつ撮るのが基本なんで当たり前ですが
 意外かつ怒涛の展開がウリの井上脚本ですが
今回はベタかつ先が読めすぎて結構微妙だったのが正直なところ
やっぱりサブ脚本家としての参加だと制約も多くて、本領を発揮できないのかも知れません。

・デカレンジェー
 さすがクリスマス商戦…全ロボ総登場でしたね。
ベタな上に若干無理があるけど、こう言う展開はやっぱ燃える。

・続 ブレイド&ギャレン VS カリス&ギャレン
「何故だ睦月!!」
「こうするしか無いんです!」
なにがどう、こうするしか無いのか説明してくれ睦月
ぶん殴ってもアンデッドの支配は解放され無いのは自分が1番思い知ってる筈じゃないのか
 しかし…ワイルドサイクロンを食らって腕に怪我を負う程度ですんでるのか…剣崎は

・虎太郎と始
 いつのまにか虎太郎の始に対する態度が軟化してますね。
良い傾向…なんですが、今ひとつキッカケが判らない。

・偽ライダーの正体
 そんな訳でやっぱりティターンだった訳ですが
つか、目の前で偽睦月がモーフィング変身してるんだから気付いてくれよダディ

・ティターンの脅威
「おそらく、2体のアンデッドが人工的に合成されている」
そこで 誰が?って考えにいたって欲しかった
剣崎達は未だに天王路が黒幕だって事に気付いてないんですよね。

・本物の証明
剣崎=怪我
睦月、ダディ=ヘタレ懺悔
広瀬さん=短気で怪力
虎太郎=牛乳
 まあなんと言うか…みんな酷いな(笑)
睦月とダディのヘタレっぷりは皆の共通認識なのか!

・ジョーカー覚醒
 わざとらしい上に唐突だ(笑)
つか、いちいちハカランダに寄った意味が判りません。
無駄に天音ちゃんを心配させるだけじゃないかと
(脚本的に必要だったのは判るんですが…)

・罠にかかったティターン
 CM後のやり取りは全部演技だった訳で
 天王路の命令よりもアンデッドの本能が勝ったって事なのかな?
ジョーカーの姿に対して割り切りが出来てる始はホントもう人間だと思う。

・偽天音
 剣崎の時と違ってあっさり識別!さすが真性のロr…げふん
いやまあ、ライダーじゃない天音ちゃんからアンデッドの気配がする筈ないから判ったんでしょうね

・フォーカード
 4人で協力して華麗に戦うライダー達はなんか戦隊みたいだ(笑)
何のやり取りも無くフォーカードが発動したって事は、やっぱ始からのメールで
『トドメはカテゴリー6のフォーカードで華麗に決めようぜ』
とか書かれてたんだろうか?(笑)
 なんにせよ、これで残りはギラファのみ…何もなければですが

・チェンジケルベロス
 ネタバレ踏んでたので驚きも何もないのが残念
新世代ライダー用の人工ラウズカードであるケルベロスのカードは、
トライアルの技術がフィードバックされてたって解釈でいいのかな?
 グレイブ達が今更になって登場するとも思えないので
このカードの用途はだた一つ
ケルベロスアンデッドを生み出す事、なのでしょう

・次回予告
天王路が生み出す新たなるアンデッド
金居をかばう睦月
そして、レンゲルと共闘するエレファントアンデッド!
ううむ…来週(つか明日だ)も楽しみです。


第43話
 今週はやけに仮面ライダーって単語が連呼されていた気がする。
そんな訳で、よせば良いのに、このタイミングで井上脚本です。
なんつーか今週グダグダでしたたね。終盤でコレはないだろう、と
まあ「井上だし仕方ないな(´ω`)」で済ますのが正解ではないかと

・みんなでパーティー
 4人のライダーが本格的に結束…去年は共闘はあっても結束は無かっただけに
ある意味新鮮な展開です。(去年は草加がなぁ(笑)
 「おれ、皆に迷惑かけっぱなしで…」
と自信が無い睦月。
つーか君の目の前に、迷惑かけまくった末に普通にライダーやってる人がいますから!(ダディとか)
 あくまでジョーカーの危険性を危惧するダディ
52体のアンデッドを封印した時、始に何かが起こるのでしょうか?
 とりあえず剣崎君は、睦月の復活祝いに『フュージョン・エレファント』をあげたらどうだろう

・金居=ギラファアンデッド
「そんなお前に生きている資格など無い!!」
とティターンに凄むギラファなんですが、
アンデッドがアンデッドを倒す事が出来ないので、微妙に空回りな台詞です。
 あくまでライダー達と組むつもりはない様子
ぶっちゃけギラファがライダー達と戦う理由など何処にも無いので共闘して欲しいです。
ダディじゃ勝ち目無さそうだし。

・ブレイド&ギャレン VS ティターン
 フォームチェンジして秒殺すればいいのに
金居の言う通り“茶番”だなぁ

・剣崎の狂気
 いや、これティターンだろう
睦月の時とあまりにも違いすぎるし、ボロが出るからか一言も喋らないし
そもそもジョーカーの素質すら押さえ込んだ剣崎が簡単に支配される訳が無い

・始と睦月と橘さん
「俺を信じないのか!」
…いや、無理だと思うよ。ダディ(笑)
何気に、橘さんが始を名前で呼んだのって初めてじゃないだろうか

・バイクの給油
 驚愕!原子力エンジンはガソリンで動いていた。

・橘の狂気
 始が目を逸らした隙にギャレンに変身
気味悪い効果音と共に『ターンアップ』の音声も無しに
…と言う時点で正体バレバレなんですが

・ブレイド&ギャレン VS カリス&ギャレン
 なんで、とりあえず殴るんだ!始!
殴れば毒が抜けるのかよー!?
今まで散々“アンデッドの支配を押さえ込むシュチュエーション”
(スパイダーとかジョーカー)があったにも関わらずこの展開か
何か剣崎に恨みでもあるのか!
……あ、天音ちゃんの絵か!!(笑)


 そんな訳で、去年の馬とファイズを彷彿とさせる勘違いバトル勃発で今回は幕
まあ、なんと言いますか
まさかハイパーバトルビデオと同じネタとは…どうなんだ。いいのか
今回と次回は最終決戦を前にした小休止の意味合いが強いのかもしれません


第42話
 ティターンって、広瀬博士からプライムベスタをダディが奪っていれば誕生が未然に防げたんですよね。
(パラドキサの横にあったカードがブランクカードであった可能性は捨てきれませんが)
もっと言ってしまうと、ダディがスパイダーをキッチリ封印してれば、睦月はこんな目に逢わずに済んだ訳で
この微妙な詰めの甘さがダディの個性になってるのはどうなんだ、いいのか(笑)


・アバンタイトル
「このバトルファイトは私のモノだからだ」
と言い放つ天王路
今回のバトルファイトは広瀬義人によって起こされたイレギュラーなモノ
天王路にもコレは予定外であり、彼自身も全アンデッド封印を願っているようなので
彼の目的は、バトルファイトに関連したものでは無く
全アンデッドを封印した上での“何か”では無いかと思われます。

・謎のワイルドベスタ
 天王路が見せた、正体不明のワイルドベスタ
虎ねぇも驚くそのカードの正体は?
と、言いつつネタバレを踏んだんで判ってたりするんですが
ちなみにカードの正体は『ワイルドエースの“チェンジ・ケルベロス”(グレイブ版)』です。

・望美と城光
 恐くないという望美ちゃんが健気だ
そんな彼女とおにぎりを観て、虎ねぇの心情に響くものがあるシーン
…なんですが、いい所にダディ乱入。相変わらず空気の読めない人だ!(笑)
(例:ワイルドカリス初登場時)

・ギラファアンデッド VS カリス
 金居=ギラファは戦うつもりはなく、アンデッド同士の協力体制を確立して
天王路に対抗しようとしてるだけなんですよね。
ある意味、ライダーの協力者にもなりえる人物なんですが…
誰も話を聞こうとしないのが悲しい(笑)
 勝負自体は、ワイルドカリス発動後はカリスが圧倒
いくらカテゴリーキングとは言え、全カテゴリーに力を集結した最強フォームにはやはり勝てないのか…
 あと、今週のワイルドサイクロンがえらくカッコ良かった。

・レンゲル VS タイガーアンデッド
 虎ねぇぇえええ!!
戦う意味を見失った虎ねぇが最後に選んだ道が、睦月の救済だったという訳ですね。
うああ…クラブの上級はいい人ばっかだなぁ(象さん覗く)

・相川 始
「どうした、なにがあった?」
以前の始じゃ絶対にありえなかった台詞ですよね。
彼の人間性は完全に確立した証拠だと思います…それだけに劇場版に出来れば繋がって欲しくないです

・レンゲル VS ブレイド&ギャレン
 ライダーが滅ぼしあう…天王路の言葉が現実に
…の筈なんですが暴れるレンゲルを止めるブレイド&ギャレン
って光景があまりにも日常的すぎて緊張感が無いな

・アブソーバー発動、スパイダー分離
 無いと判っていながらもレンゲルのキングフォームに期待してしまった
商品展開的に、もうキングフォームは無いと思うんですが
平成ライダーは稀にバンダイを無視した新ライダーが登場するので、諦めるにはまだ早い!…ですよね?

・睦月 VS スパイダーアンデッド
 生爆発は燃えた!やっぱCGには無い良さがありますよね。
しかし、こう言う展開になるとは思わなかった!
もっとこう…睦月の内面の話になるかと思ったんで、スパイダーを強制分離して再封印ってのは予想できなかったですよ

・スパイダー…真の封印
 カードのデザインが変更、これが本来のカードデザインと言うより
タランチュラの力でより強固に封印した気がする。
テザイン的にも蜘蛛の足に拘束具が付いてますし…他のラウズカードと何か雰囲気が違う
劇場版で封印された『チェンジ・スパイダー』も旧デザインのままでしたし
(4年後の睦月は精神的に強くなっていたって事なのかも…タランチュラも最後まで未取得でしたし)
 ところで、わざと封印されたアンデッドがスパイダーの他に“もう一体”いましたよね?
ヒューマンアンデッドとジョーカーの関係は、スパイダーと睦月の関係に非常に似ているだけに気になる部分

と、言った所でまた来週


第41話
 だんだんと劇場版に繋がる伏線が見えてきました。
今年も映画はパラレルかなぁ と思っていたんで意外な展開です。

・一万年前のバトルファイト
 まさか描写されるとは思わなかった。
こんなごちゃごちゃした戦いだったのか
ビートルとかがいないのは突っ込んじゃ駄目だ
コーカサスビートルの着ぐるみに改造されたんでしょう

・バトルファイトの管理者
 いるんだろうとは思ってたけどやっぱりいたのか…バトルファイト管理する者が
アンデッドがアンデッドを倒す方法も遂に明らかに
ここらへんは思いっきりスルーされるんだと思っていただけに意外

・残りアンデッド
 改造実験体の細胞ベースになってるプライムベスタを橘さんは見てるんだから
のこり4体って虎太郎の解釈にはツッコンで欲しかった。
ただ、ライダーの管理下に無いのは確かに4体です。
ダイア10『シーフ・カメレオン』 ダイアK『エヴォリューション・ギラファ』
クラブ8『ポイズン・スコーピオン』 クラブQ『アブソーブ・タイガー』
の4枚がライダー未所有となっております。

・睦月の嫉妬
「剣崎もジョーカーも新しい力を手に入れた…次は俺が…」
とりあえず力が欲しかったら、未だにチベットから帰ってこない
“あの親父”を拉致ってアブソーバーを作らせるべきだと思うがどうか

・城光の失望
 カテゴリーAに乗っ取られている割には睦月の言動や強さは
明らかにスパイダーではない訳で
このあたり、嶋さんが頑張ってるんじゃなかろうか

・ブレイド&ギャレン VS タイガーアンデッド
「橘さん!あの女アンデッドです!」「なにぃ!」
笑う場面じゃないのに吹いた。何故だ
 勝負は完全に虎ねぇが圧倒!つか虎ねぇつぇええ!?
ライトニングスラッシュに耐えるとは恐れ入った

・睦月、変身
 ついに望美ちゃんの前で変身
華奢なボーイフレンドが突然目の前で、屈強な次郎さんに変身したら
そりゃ誰でもビビって逃げるよな(違う)

・仮面ライダーという名の仮面
 4年後の劇場版で大ヒットを遂げている虎太郎の著書の原稿が!
ちなみに、これに駄目ダシしてる編集長
劇場版で虎太郎にヘコヘコしてる人と同一人物らしい
こんな所にも劇場版とのリンクが
 序盤で言われていた、アンデッドの被害が新聞にも載らず警察も動かない理由
それがさりげなく説明された場面だと思う。
ボードの本部が一夜にして撤去された件もそうなんですが
天王路の持つ権力って言うのは相当なモノのようですね。

レンゲル VS ギャレン
 ジャックフォームがバーニングスマッシュを使ったのが意外だった。
睦月を殺さないように2枚コンボで手加減したのかな?

・ギラファアンデッド=金居
 劇場版であまりにも適当な扱いを受けていたので、
ヘタレのイメージが定着してたんですが、とんでもない
人間体を含めてカッコ良すぎな上に、強い。
ある意味最強だったオリハルコンエレメントがあっさり砕けるなんて
つか、あの光の壁って割れたんだ!
 他のカテゴリーキング同様、バトルファイトに対するやる気は皆無
彼はその理由を明確に語ってくれる訳ですが
嶋さんやコーカサスビートルも
今回の戦いが無意味だって事を、少なくとも無意識に判ってたんじゃないだろうか?
冒頭の回想シーンだと2人とも殺る気マンマンで戦ってますし

・偽りのバトルファイト
 今回のバトルは広瀬博士が誤って起こしてしまったイレギュラーなものであり
神聖なモノではない…予想してたけど“やはり”と言った所
 アンデッドがアンデッドを倒す事は出来ない。
これを知っていたからこそ、伊坂は擬似ジョーカーである『ライダーシステム』を作りあげようとし、
スパイダーはわざと封印されてレンゲルになろうとしたんじゃないだろうか?
 ふむう、後付け設定だとしても見事な説明だ…去年の555じゃありえないほどに

・タイガーをかばう睦月
「アンデッドをかばうと言うのか!」
剣崎、お前にだけは言われたくない
ジョーカーの事を棚に上げるな

・虎ねぇと睦月とおにぎり
 睦月をぶん殴って消えた虎ねぇ
どうとでも取れるシーンですよね…照れ隠し?

・合成アンデッド・ティターン
 ダイア10とクラブ8の合成体だと思われます。
関係無いですが天王路の
「ゆけ!ティターン!」
って台詞が、一昔前の悪の大首領みたいで笑った。


去年と違い、丁寧に細かい伏線が消化されてゆくのに、ただ感動
次回は睦月復活編…になるのでしょうか?




戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO