感想ログ 第36話〜第40話



第40話
 いつもギリギリの更新でごめんなさい。
土曜の深夜くらいしか、長文を書く暇が無いんです。

・睦月の怒り
 変身してなんとか脱出した睦月なんですが
これは、光の壁が変身者に向かってくるレンゲルのシステムならではの脱出方法ですね。
ブレイドとギャレンじゃ、この状態じゃ変身できないし
 広瀬さんなんかお構いなしにトライアルBを打ち付ける睦月
一歩間違えたら死ぬぞ。広瀬さんが

・睦月の八つ当たり
「俺だって人質にされたら悔しいっ!」
という橘さんの叫びは微妙に論点がズレてる気もしますが
睦月の怒りはそんな単純な感情じゃないだろうと
 つか、睦月を心配しつつも、2人とも容赦ないですね。
橘さんにいたっては、丁寧に二発叩き込んでるし!

・トライアルBの製作者は誰?広瀬博士は生きている?
 まさかそういう方向に話が転がるとは思わなかった。
トライアルBが存在する事自体が、
広瀬博士のオリジナルが死亡してる事に対する暗黙の了解に
なるとてっきり思ってましたし。
このあたりの展開の丁寧さは嬉しい

・始のギター
 見よう見真似でそんなに上手く弾けるかぁ!
多分、仁の真似をして弾いてるんでしょうね

・天音の変化
 始に対する感情が「憧れ」から「恋心」に変わって来ている気がする。
そこらへんを感じ取ったのが、お母さんの表情が微妙に不安気味だ。
 なんか劇場版への繋がりを感じさせるシーンでした。

・城光=タイガーアンデッド
 バトルファイトをあくまで神聖なモノとして捉えていますが、
そもそも、今回の戦い自体、人間(広瀬博士)によって引き起こされた
イレギュラーな戦いなんですよね。
 今回の不完全なバトルファイトに一万年前と同様の意味があるのか…
と言うのは疑問なんですが

・父からのメール
『栞 会いたい 父』
いや、普通に恐いから。そのメール(笑)

・トライアルG
 橘さんのコピーの次は睦月のコピーですか
睦月のコピーの割には、明らかにレンゲルより強いんですが!
そういえば、ライアルEもギャレンより強かったですよね(笑)

・トライアルB
 結局の所、広瀬博士に作られたものの、
天王路に記憶データを弄られていたって事だったのか。
オリジナルの広瀬博士は、とっくに自分の過ちを認めていたんですね。
 不死身の筈なのにトライアルGの一撃で簡単に絶命したのは、 Bが不死生物として不完全だったか、
Gがアンデッド殺しをする程の力を備えていたかのどちらかだと思う。
 最終的に“広瀬義人”として死ねたのは良かった。
『コピーだから偽者』と言われた彼は、あまりにも可哀想でしたから

・4大ライダー VS トライアルG
 40話にして初の4大ライダー共同戦線…燃える!
4人が得物を振って構えるシーンは震えましたよ
…なんだけど、良く見るとギャレンとレンゲルが全く役に立っていないですよ!?
攻撃も殆ど避けられている上に、決定打も持っていない…
RSFやワイルドサイクロンじゃないと改造実験体に勝てないのは、なんとかならないのか
このままじゃ、ギャレンとレンゲルが思いっきり戦力外なんですが
(でもこの2人、もうフォームチェンジは無いんですよね…)

・記憶データの消去
 虎太郎の家のパソコンにコピーしてたのか!
いや、そういうツッコミをするシーンじゃ無いのは判ってるんですが

・次回予告
 ライダーの管理下に無いラウズカードはあと4枚
遂に本格的に動き出す城光=タイガーアンデッド
アンデッドバックルを2つ持つ合成アンデッド
そして最後の一人…ギラファアンデッド
次回は遂に残る全てのアンデッドが参戦…楽しみです


第39話
 今週はさらっと行きます。
語るべき所は多いんだけど…個人的な都合です。ご容赦を

 ・アバンタイトル
 めずらしく長いなぁ
殆ど先週からの流用なんですが
結局のところ、トライアルBを作ったのは誰なんだろう?
天王路もそこらへんの明言を避けてるみたいだし

・始と天音のデート
 天音が始に買ってもらったのは映画で天音がつけていた“アレ”
さりげなく映画とリンクしてますね。

・「最低」「最高」
 このシーン、めっさ笑った。
天音ちゃんの一言で、始の毒気が抜かれたような感じですね。
 レンゲルのフォームチェンジは残念ながらない様に思う。
いや、なんて言うか…バンダイの都合で

・『おかけになった電話は電波の届かない所に〜』
 ダディー!?
笑うところじゃないんだけど…笑ってしまった。
剣崎は電話するよりも、さっさと変身するべきだと思う。

・爆炎の中、変身
 戦隊だとありがちなシーンなんですが、ライダーでこれでやると新鮮
やっぱ生爆破は良い。CGじゃ出せない迫力がありますね。

・「まさかトライアル!?」
 剣崎くん、さっき断言したばっかりじゃないか
トライアルシリーズと
このあたりの矛盾がチト気になった

・広瀬にすがる睦月
 睦月、必死だなぁ
だからこそ睦月=スパイダーとはどうしても思えない。

・虎太郎 なんか、去年の啓太郎を思わせる。

レンゲル VS トライアルB
 変身前でも広瀬義人の中の人はいい動きをするなぁ
さすがは元JAC所属の人だ。
 レンゲルはやたら簡単に変身が解ける気がする。

・始の葛藤
 睦月を心配するような素振りを見せる始
「上条睦月を探す手を貸せ?断る」
と、鼻で笑っていた以前の始とはえらい違いだ
ううむ…人間らしくなったもんです。
とは言え
天音ちゃん>睦月
なのは変わらず(笑)

・「どこだよここ!?なんだよこれ!?」
 今週最大の笑いどころ
睦月頑張れ。ちょうがんばれ

・「広瀬さん…あんた…自分の身体に何したんだ!!!」
 この時点で橘さんは広瀬義人が自分を改造したと思い込んでるわけで…
まあ、当然といえば当然ですが。

・父の記憶
 なんでそんなものが広瀬博士のパソコンの中に入ってる?
自分のパソコンに入っている広瀬義人の記憶データ
これに対して、トライアルBは何の疑問も持たなかったんだろうか

・同時変身
 変身を解除してもベルトが外れないのはコレの複線か!
偽者とわかるやいなや、トライアルBを殺りにかかるのは、非情ですよね。
トライアルBは自分が広瀬義人だと思ってる訳ですし

・次回予告
 4大ライダー遂に共同戦線!!
うはー次回が楽しみです。
まあ、明後日ですけど
…更新の遅くてごめんなさい。


第38話
・デカレンジャー
 テープがイかれて、ビデオ録画に失敗したー
デカスワン観たかったなぁ…

・ワイルドカリス
 地震情報が邪魔だ
いや、仕方ないのは判ってるんですけど
 オープニングのカリスの殺陣がワイルドカリスに今週から差し替えです。
うむう…細かくて良い。
 13枚のハートスートのカードを融合させて『WILD』のカードを生成
この際にブレイド・キングフォームのように、体の各部分からカードが展開していました。
という事は、ワイルドカリスも13体との同時融合を果たしているのか?

・EVOLUTION
 カテゴリーキング…このカードの能力は『EVOLUTION=進化』です。
これって13枚の同一スートの力をまとめる能力なんではないだろうか
 このカテゴリーキングのみとの融合を想定したのが本来のキングフォームと
烏丸所長がメールで言っていましたが、『融合=FUSION』は
あくまでカテゴリージャックの能力なので、カテゴリーキングのみとの融合は机上の空論なんじゅないかな。
 何が言いたいかと言うと、ジョーカーの資質が無いと
キングフォームは発動不可能なんじゃないかな、と。
橘さんとか睦月には、『EVOLUTION』の力を引き出すのは無理だと思う。

・アンデッドが解放されたあの日
 真っ先に解放されそうになったのは象さんだったのか
…まあ、それはともかく、ボードには封印を解除する機械があった事が発覚
つーかそんな物、ラウズカードの直ぐ近くに置いておくなと言いたい。
 映像を見る限り、この時にスキッドやリザードなど、劇場版に出てたアンデッドも解放されたようです。
という事はスキッドは伊坂に封印されたんでしょうか?
アンデッドがアンデッドを倒すプロセスが判らないから何とも言えませんが
 ジョーカーがハートスートのアンデッドを多数封印していたので
パラトキサ以外のハートスートはこの時全て解放されたと思われます。

・ライダーシステムの仕様
「ライダーシステムはアンデッドと融合できるというジョーカーの能力を限定的に再現したものだ」
関連書物には載っていましたが、本編ではようやく明言された事実です。
 ジョーカーはあらゆるアンデッドの力を行使できるのに対し、ライダーシステムで融合できるのはカテゴリーAと
ラウズアブソーバーを使用して『ABSORB』を媒介としたうえでジャックとの融合を果たすに留まっています。
(ただし、剣崎のブレイド・キングフォームは例外)
その他のアンデッドの力は一時的にラウズして効果のみを召喚する訳ですが
マンティスと融合したジョーカー…仮面ライダーカリスも同様なんですよね。
これって、カテゴリーAの『CHANGE』の能力だったりするんでしょうか?

・ライダーシステムの欠陥
 融合係数の高いものが変身を続ければジョーカーとなる、と
かつて出た『ダブルジョーカー』という言葉は、この事実を意味するのか
劇場版のアルビノの事を指摘してるのか…?
 後者は無いかな…映画じゃ烏丸所長はアルビノの存在を想像もしてなかったみたいだし

・虎姉さんと睦月
 当たり前にように睦月の所に居座ってる光さん,なんでだ?(笑)
「カテゴリークイーン…私か。封印する?私を」
そう言われて、何故か黙り込む睦月
なんかいいコンビになってきたな、この2人

・始と虎太郎
 初期に比べて、大分関係がよくなって来てますね。
憎まれ口を叩きながらも、本気で言い合ってないと言うか
 始は、アンデッドの気配が完全に消えているという事は、ジョーカーを押さえ込む事に成功したんでしょう。

・睦月
 とりあえず、広瀬博士の言葉に完全に踊らされてる睦月が馬鹿すぎじゃないだろか
剣崎を封印するって考えるのも馬鹿なら、アブソーバーをあっさり返すのも大馬鹿だ。
そもそも、ジョーカーにボロ負けしてるのに、なんで剣崎に勝てると思うんだろ
 チョップ一発でワイルドカリスにノされるのが哀れすぎる。笑うって

・橘さん
 この人はやる事が全部、裏目に出るんですよね。
今回の一件といい、小夜子さんの件といい。

・剣崎の暴走
 キングラウザーを引きずる動作がやたらとカッコいい。高岩さん万歳
剣崎をあくまで信じる始と、剣崎と戦いから離そうとする橘さんのスタンスの違いが面白い。

・広瀬義人=トライアルB
 これは予想外だった!
広瀬義人のオリジナルが死んでいるのか、彼はコピーに過ぎないのか
こればっかりは次回をみないとなんとも言えませんね。
 ボードの理事長・天王路は何者なんでしょうか?
グラサンの動きとか見る限り、どう考えても人間じゃないんですが


第37話
・キングフォーム発動
 その映像は何処から送られてきてるんですか広瀬博士。
いままでは改造実験体からの映像だったけど…
カメラ付きのメカハエでも飛んでますか?(笑)

・ブレイド キングフォーム VS ジョーカー
 ストレートフラッシュが炸裂。まさかの二刀流、燃え。
ロイヤル〜を使わないのは、始を殺してしまわない為だと思う。
人工実験体を消滅させるほどの力がある訳だし
『SLASH』と『TACKEL』と『KICK』はブレイラウザー へ
『BEAT』と『THUNDER』はキングラウザーへそれぞれ吸い込まる演出です。
んん?なんで『THUNDER』がブレイラウザーいかない?
ブレイラウザーからバリバリ雷が出てるのに
 橘さんに封印すると宣言したにも関わらず、どうしても封印できない剣崎
まだ、始を元に戻す事をあきらめきれないのだと思う。
 あと、あの程度で天音ちゃんが失明するのは、チョット無理があると思うぞ

・城光と剣崎
「お前の新たな力のせいだ。お前の力はジョーカーのそれに非常に近い」
ついに自分のせいで始がジョーカーに戻った事を知った剣崎
おまけに剣崎の力がジョーカーに非常に近いことも
やはり剣崎はジョーカーになりつつある?

・睦月
 公務執行妨害と店の不当占拠に加え、少女の誘拐まで
気がつけば立派な犯罪者じゃないですか。

・広瀬博士の目的
 どうも口とは裏腹に、広瀬博士は剣崎にキングフォームを発動させたいみたいだ。
でなければ、さっさと剣崎に事情を説明して任意同行を求めるはずだし。

・改造実験体に使われている細胞
 てっきり戦闘現場の跡から採取してるのかと思っていた。
そんな訳でハートのキングであるパラトキサアンデッドは封印状態にある訳です。
もう一枚、トライアルDとEに使われたカードがあるけど何かは不明。
考えられるのはダイヤ10かクラブ8のどちらかという事になりますが
現在発売中のカードダス第4段でクラブのカテゴリー8が
『ポイズン・スコーピオン』である事が明らかになっているので、クラブ8が封印済みなんだと思う。

・烏丸所長からのメール
 やはり本来想定されていたキングフォームは、カテゴリーキングのみと融合する形態のようです。
…そんな事より、さっさとチベットから帰って来い。

・13枚のカードがそろった時
 ギャレンやレンゲルにも同じ事がおこるのか?
これは非常に気になる所なんですが…無い気がするなぁ
彼等にこれ以上の新フォームは無さそうな予感がする。
 ブレイドのようにカリスが新たな力を手にするかもしれない
剣崎の考えには根拠が全く無く、下手をすれば事態をより悪くするかもしれないんですよね。
でも彼が言うなら信じれらる、しやってみる価値はある。
剣崎一真はそういうキャラクターになってきてると思う。

・「睦月から始のカードを取り戻す」
睦月がハートスートのカードを持ってるって剣崎はどうやって知ったんだろう?
ハートスートのアンデッド大量発生→『REMOTE』か!→睦月が持ってるな!
って考えたのかな?

・睦月と城光
「虎の惑星か」
「文句ある?」
なんかウケた。城光いいなぁ
バトルファイトの本来の意味を体現するような奴ですよね。
もう少し序盤にこう言う上級アンデッド出ていれば良かったんだけどなぁ…
 関係ないですけど、睦月って七並べ好きですよね。

・睦月と剣崎のトレード
 ラウズアブソーバーとハートスート4枚のトレード
「本当にいいのか?」
と、自分から吹っかけておいてあっさり承諾した剣崎に、睦月は驚きが隠せない様子
でも、このラウズアブソーバーは烏丸所長からギャレン用より先にブレイド用として
送られた物だからレンゲルには使えないんじゃないだろうか?

・ハートのキング
橘さんとのトレード
ブレイバックルとの、まさかのトレード
こういう潔さが剣崎のいいところだと思う。

・トライアルF VS 剣崎
 塩野勝美さん(いつも下級アンデッドの声を当ててる人)が普通に喋ってるー!?
ブレイド変身時のカラテのポーズ(右手を上に掲げて、左手を腹のあたりに構える)
を剣崎がやってるのが芸が細かくてナイス。

・ワイルドカリス・誕生
 腰にラウズしてたので、パラトキサアンデッドの姿そのまんまだと思うんだけど
マンティス+パラトキサの姿って可能性も捨てきれない。
ジョーカーの意匠が含まれてるって意見も聞きますが、それは無いと個人的には思う。
だって13枚のカードでジョーカーの力を完全に押さえ込もうとしてる訳だし

・次回予告
謎の老人(ちなみに演じてるのはウルトラセブンのモロホシ・ダンを演じていた人)
ギャレンを吹き飛ばす広瀬博士
剣崎のキングフォーム暴走
と目が離せない展開です。
そろそろバトルファイトを仕組んだ黒幕が出てくるんじゃないだろうか
(バトルファイトのルールが作為的なものを感じるので黒幕がいると思う)


第36話
・デカレンジャー
ロボでガン=カタですか!?

・OPの映像
先週からですが、さりげなくブレイドとギャレンの殺陣が
ブレイド・キングフォームとギャレン・ジャックフォームに入れ替わってます。
この芸の細かさは、去年は無かっただけに嬉しい。

・マンティス&レンゲル VS ジョーカー
「何をやっている!最強のアンデッドじゃないのか!」
確かにマンティスアンデッドは伊坂やみゆきに“伝説のアンデッド”と呼ばれていたけど
伝説=最強っていうのはチョット違うと思う。
 そんな訳で、あっさりマンティスを封印したジョーカー
その直後から“相川始”らしさを取り戻したのは、
カテゴリーAの力で『ジョーカとしての本性』を一時的にせよ再び抑えこんだって事なんでしょう。

・ブレイド・Jフォーム VS トライアルE
 ギャレンじゃ勝てなかったブレイドを圧倒するトライアルE
あれ?ギャレンよりトライアルEのほうが明らかに強いよね?(笑)

・睦月
 カテゴリーAに自分が飲み込まれている睦月と
カテゴリーAで自らを押さえ込んでいる始
 カードが足りないを負けた理由に挙げる睦月と
全てのカードを奪われがらもコーカサスビートルに打ち勝った剣崎
この対比が面白いです。

・城 光=タイガーアンデッド
 やたら強いお姉様の正体は、虎の始祖でした。虎は絶滅寸前なので頑張れ。
「ライダーに封印された者達は…元に戻すべきだ!」
と主張する訳ですが、レンゲルが所有してるカードは
殆どがジョーカーに封印されたか、伊坂が用意(もしくは封印?)したものばかり
ライダーに封印されたのは、スパイダー・モール・ゲルフィッシュ・タランチュラの四枚のみ
(しかも、スパイダーとタランチュラにいたっては、自ら望んで封印されている)
なので、この理由で狙うなら橘さんとか剣崎が妥当だと思うんだけど…
封印解除のための『REMOTE』狙いかな

・リモート祭、再び
解放されたのは、ドラゴンフライ・シェル・プラント・モス・センチビートの5体
全部、カリスによって劇中で封印されたアンデッドばかりと言う番組制作陣に優しいチョイス
くそうせっかくだからホークアンデッドとか見たかった。
センチビートは何気に3度目の『REMOTE』による解放…よくシャバに出てくる奴だなぁ。
 『REMOTE』で解放されたので5体とも全部、レンゲルの指揮下にあるようです。

・ブレイドキングフォーム VS トライアルE
 人質を取るのが実に橘さんのクローンらしい(例:物語初期の烏丸所長)
 今週は、ラウズアブソーバーに『ABSORB』を入れた時点でキングプレートが出現してるのは何故でしょう?
冒頭のジャックフォームの時もそうだったんですが…玩具の仕様に合わせたのかな。
 トライアルEの攻撃が全く効かなかったのは『METAL』の効果が常時発動しているからだと思われます。
まあそんな訳で、キングフォームになってしまえば一気に撃破です。
冒頭で「スピードがあれば!」と叫びながら
ジャックフォームになったのは一体何だったんだと思うくらい楽勝でした。
 今週のロイヤルストレートフラッシュは先週と異なり突撃タイプ…劇場版にやや近い感じでしたね。

・橘さん
「どうすればいいんだ…」
現場にいけよ!オイー!
嗚呼…ダディがますます駄目な人になってゆく…

・始と剣崎
 剣崎は、あの怪我でよくバイクが運転できるな。
まさかキングフォームに変身したから傷が治った?
 カテゴリーAでは自分を抑えられなくなっていると語る始
キングフォームのせいなんですが、それを知らない剣崎が視聴者的には見ていてもどかしい。

・ジョーカー VS 5体のアンデッド
「バトルファイトの始まりね」
とか嬉しそうに言いながら、手を出さない虎さんは何なんだ。
 ジョーカーの撃破と封印がワンアクションで行われているのが見ていて新鮮で良い。
このプロセスを手順化したのがライダーシステムなんでしょう。多分




戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO