感想ログ 第1話〜第12話



第12話
・ギャレン
 いちいち、ブレイドを撃つのはどうかと思う。笑うって
何時の間にか、戦う理由が力の証明にスリ替わってますな。

・カリス
 仁の態度の豹変っぷりがどうにも…
人間に歩み寄りつつあったカリスも、これでまた距離をとるようになりそうです。

 ついに、人間への変身カードであるH2「SPIRIT」が描写されました。
このカードに封印されているのは、アンデッドでは無く“人間”らしいです。
という事は、本来のハートカテゴリー2のアンデッドが別に存在する筈…
私は、他ならぬカリス自身がカテゴリー2だと思ってますが、どうなんでしょうか?

 ちょっと思ったんですが、伊坂のように人間に擬態でき、強大な戦闘能力を持つのが
上級アンデッド(多分、カテゴリーA、J、Q、K)です。
これに対して、カリスが人間に成りすましたり、強大な戦闘能力を行使できるのはあくまで
ラウズカードの恩恵によるものであり、カリス本人の力ではありません。
カリスは上級アンデッドでは無いにも関わらず、ライダーシステムで上級アンデッド並の
力を行使して、一万年前のバトルロイヤルを戦い抜いたアンデッドなのではないでしょうか?

 余談ですが、やはり「SPIRIT」に封印されているのは、“本物”の相川 始だったりするんでしょうか…


 来週はついにレンゲルとなる男、上城 睦月が登場…さてはて?


第11話
 前回、ゼブラアンデッドを倒して、ダイヤ9『GEMINI』を入手して
3連コンボ技『バーニングディバイド』が使用可能になったギャレンに続いて
ブレイドもジャガーアンデッドから、スペード9『MACH』を入手。
 これでブレイドも3連コンボ技『ライトニングソニック』が使用可能になりました。
今度こそ、派手なキックを期待したいもんです。

 なんか、橘さんがかなり恐い人になってますが、ここまま突っ走って欲しい気もします。

 遂に最後のカテゴリーAであるスパイダーアンデッドが登場しました。
レンゲルの登場もいよいよ秒読みでしょうか?


第10話
・ギャレン=橘さん
 遂に復活!…なんだけど、胡散臭すぎる(笑)
あまりの変わりように、その復活を誰も信じていない始末(主人公覗く)
案の定、伊坂に逆らえなくなってしまった橘さん…
なんて言うか、主役を差し置いて、完全に彼を中心に話が動いてる気がします。

・小夜子さん
 橘さんのあまりの変わりように、疑問をいだく小夜子さん
彼の復活はやっぱり、小夜子さんが鍵かなと思う。

・カリス
 さりげなく探りを入れさせるあたり、やっぱり天音ちゃん達が気になる様子。
弟分の彼との出会いが、彼にどんな影響を及ぼすか?


・ちょっと思うところ
 今回で10話…つまり全体の5分の1が終わった訳ですが
やっぱり、去年とは根本的に路線が違うなぁと思います。
去年の『555』と一昨年の『龍騎』ではハイターゲットを視野に入れた構成で
ドラマが20分で戦闘が1分しか無いって言うのが割と多かったように思います。

 それに比べて今年は戦闘満載、ドラマも複雑になり過ぎず、謎を引っ張らない
ある意味、本来の視聴者である子供が満足する内容になってるのではないかと思う訳です。
つまる所、何が言いたいかと言うと、ブレイドはある意味、期待はずれだったかな、と。

 ただ、あの井上敏樹氏が今後ブレイドの脚本に関わるらしいので、チョット期待しています。
あの人は、ドラマ全体の統合性を無視してでも、面白い“ドラマ”が書ける人だと思うので


第09話
・ギャレン=橘さん
 意を決して小夜子さんの目の前で変身するものの、やっぱり弱い。
やっぱ奮い立っても恐いものは恐い訳ですね。
伊坂に敗れ、なんらかの処置を受けたようですが…さてはて?

・小夜子さん
 ラブラブですなぁ…
ちゅうか、医者をやめちゃいかんでしょ
だって、白衣姿がみられなくなってしまうやん(><)
↑駄目人間

・カリス
 ギターケースを観て、武器庫かマシンガンかバズーカを連想した私は、スペラードの観すぎですか
と言うか、最近やたら闘争本能が剥き出しなカリス
やっぱり人間では無く、アンデッドなんだなぁ、と
そんな中、僅かに垣間見える人間性が今後どう転ぶか?

・伊坂=ピーコックアンデッド
 モチーフが孔雀って言うのは、正直意外だった。


第08話
・ライトニングブラスト
 結構期待してたんだけど・・・地味だなぁ
まあ、ドラゴンライダーキックとかクリムゾンスマッシュが派手すぎただけかもしれませんけど

・橘さん=ギャレン
 だ、大丈夫なんでしょうか? なんかいつもにも増して、終始ガクガクブルブル状態でしたけど
全てを忘れて普通の生活をするとか言いつつも
デートにもギャレンバックルを携帯しているところからも微妙な未練が伺えます。
加えて、この危機的状況・・・そろそろ小夜子さんにも正体がばれるか?

・小夜子さん
 は、白衣じゃない!?
・・・だからどうしたと言うツッコミは禁止です。

・カリス
 喫茶店爆破の危機は乗り越えたものの、結局は家を出て行くことに
やっぱり天海ちゃん達だけは彼にとって例外なんですね。

・名前の定義
 先週の話の続きですけど
『ブレイド』と『ギャレン』はシステムの名称
『カリス』は相川 始の本名って事なんだと思います。
今回もカリスのライダーシステムに関する烏丸所長の言及は無し。
チョット期待してたんだけどなぁ・・・ひょっとしてここまま最後までスルーか?


第07話
 ちょっとややこしくなって来たんで、個々の要素に関して少し整理してみようかと思います。

・ブレイドを囲む3体のアンデッド反応
 当然、トリロバイトアンデッド、黒服の男=伊坂、カリスの3つの事だと思いますが
次回予告で明言されてるように上級アンデッドは人間に擬態できるそうで

・ベースアンデッドとの融合係数
 怒りによって係数を上げるブレイドとカリス、恐怖によって係数を下げるギャレン
“ベースアンデッド”というのはAのカードに封印されているアンデッドの事だと思うんですけど・・・
 つまり、ライダーシステムというのはAに封印されているアンデッドと融合して、
2〜12カードのアンデッドの能力も随時利用して闘うシステムという事になります。
 ここでチョット判らないのは、カリスについてです。
カリス自身もアンデッドなのに、ベースアンデッドとの融合をして闘っている?

・ライダーシステムとしてのカリス
 ボードが開発したライダーシステムが1号ギャレンと2号ブレイドなんですが
じゃあカリスは一体なんなんだ?という事になります。
 まるでカリスが相川 始の本来の姿のように描写されてますが、
ラウズカードを使っている以上は、カリスもライダーシステムの筈です。
そうなると相川 始にはアンデッドとしての本来の姿が別にあるのでしょうか・・・
更に言えば、カリスのライダーシステムを作った者が何処かにいる事も考えられます。
このあたり、描写が曖昧なので結構気になります。

・伊坂が作る“究極の一体”
 今だ雑誌媒体などで名前しか明かされていない『仮面ライダーレンゲル』の事だと思われますが・・・?

・小夜子さん
 今週、出番が無かったですね。むう・・・


第06話
デカレンジャーを見逃しました・・・むぐぅ

・カリス
 自分でも天海ちゃんを思わず助けてしまう理由が判っていない様子。
てっきりこのカリスは、ラウズカードで擬態しているアンデッドだと思っていましたが
今回本格的に動きだした黒服の男もカリスと同属っぽいので、その説が微妙になりました。

・ギャレン
 まだ6話にも関わらず、まるで死期が迫っているかのような情緒不安定っぷりをみせる橘さん
ボロボロなのは、恐怖心が増幅された影響らしいのですが・・・
彼は恐怖を克服できるのでしょうか?

・小夜子さん(女医さん)
 可愛いお姉さんが大好きな仙台さんです。皆さんこんばんは
 だんだんと、話の中核に巻き込まれつつある小夜子さん
ライダーの事を知る日も意外と近いんじゃないでしょうか?

・ブレイド
 相変わらずのデリカシーの無さ全開の主人公君
「天音ちゃんにバラすぞ!」と信じられない事を言ったものの
「言ってみろ・・・殺すぞ」としっかりカリスにクギを刺されてしまいました。
 ブレイドを拉致った連中の正体は気になりますが、ブレイドの安否は全然気にならない・・・

 カリスとギャレン周りのドラマに限っては、だんだんと面白くなってきました。
なので、今回の感想はちょっとだけ長めに書いてみました。
主人公とヒロインは相変わらず微妙ですけどね・・・

第05話
デカレンジャーロボが凄かった。
あの重そうな巨体が横っ飛び撃ちするなんて夢にも思ってなかったですよ。
ちなみに、私はイエローよりピンク派です。

あ、ブレイドですが
「人間が存在する事自体がおかしいんだ」とか言い放ち、ブレイドや人間を敵視するカリスが
天音ちゃんが危ないと、ついうっかり正義の味方やっちゃう所が何か良いです。
そんなカリスに比べて今だ微妙な主人公、ブレイドさん
橘さんに何も説明してない癖に「なんで判ってくれないんだ!」はどうかと思います。

第04話
やばい、今週から始まったデカレンジャーが楽しすぎる。
敵の名前が“アリエナイザー”だとか、スーツの素材“デカメタル”ってどんな鉱物やねんとか
楽しいツッコミ所が満載なんですが、それよりも
レッドのヒトがガン=カタ使いだった事が衝撃だった。
ガンアクション好きにはたまらんですよ、ハイ。

あ、ブレイドはね(思い出したように)
事態に翻弄されて視野が狭くなっちゃってるヒロインや主人公より
「全てが俺の敵だ」とかいいながらも同居人を守っちゃうカリスや
所長達のせいで体がボロボロになった橘さんとかのほうが共感できるなぁ。
つか、関係ないですけど、先週から出てる橘さんの幼馴染の女医さんがスゲェかわいいと思う。

第03話
 やはり橘さんの裏切りにはそれなりの訳があった訳だけど
こんなにも早く明確になるのは正直予想外だった。
去年とは違い、謎で引っ張らない展開だし
今年は正しい子供番組路線に戻ったのかも

第02話
 「橘さんが悪い」とやたら連呼するオペレーターの人はどうかと思った。
アンデッド語が話せるカリス・・・
ハートの2は「人間に変身」するカードらしいのでなんとなく正体がわかる気がする。
しかし、カリスかっこいいなぁ オイ

第01話
 物語の導入部と言う事で、設定の説明だけで1話が終わってしまった・・・そんな感じ。
全体的に詰め込み過ぎというか・・・今回の、ギャレンの裏切りまでを2話分に分けたほうがよかった気がする。
そうすれば、ギャレンの裏切りも少しは盛り上がったのに
いまの所、面白くも無いし、つまらなくも無い。
これからしだいかなぁ、と



戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO